• sk-service-inc

トイレブラシ対決!

 ブラシタイプ  VS スポンジタイプ


トイレ掃除に使う道具で最もお馴染みなのがトイレブラシではないでしょうか。

ブラシには大きく分けて、毛のある「ブラシタイプ」と柔らかい「スポンジタイプ」があります。今回はこの2種類のブラシのそれぞれのメリット・デメリットをお話したいと思います。


ブラシタイプのメリット・デメリット

ブラシタイプはしっかりとしたこしがあるので、「がんこな汚れも落としやすい」のがメリットです。

また、耐久性もあるので長期間使うことが出来ます。水切れの良さも利点です。


反面、便器の面にはフィットしにくいため、細かい洗いむらが出やすくなります。

また、硬さがあるので汚れを落とそうとして力を入れすぎると便器に傷をつける可能性があります。洗っているときに汚れを含んだ水が跳ねる可能性があるのもデメリットとなります。



スポンジ(不織布)タイプのメリット・デメリット

スポンジタイプは便器の面にフィットしやすく、隅々までむらなくお掃除が可能です。

また、素材に傷を付けにくいのでコーティングした便器にも最適です。


デメリットは頑固な汚れを落とすことが難しく、耐久性は劣るので頻繁な交換が必要になる点です。

また、水切れが悪いため不潔になりやすいという面もあります。



まとめ


結局どっちがいいの? 

ブラシタイプとスポンジタイプの双方にメリット・デメリットがありますので、

ご自身の使い方によって選ぶものが変わってきます。

 

具体的にはまめにお掃除できる方や便器にコーティングをされている方がスポンジタイプを選び、忙しくてお掃除の時間があまりとれないという方はブラシタイプを選択すると良いでしょう。


ちなみに私個人的にはスポンジタイプをお勧めします。水切れが悪くてカビなどが生えやすいのが気になりますが、広い範囲の汚れをむらなく落とせて使いやすく感じます。

以前にブラシタイプも使ったのですが、洗っている最中に汚れた水が跳ねることがあり、気持ちのいい物ではありませんでした。


コーティングについてはこちらから!

最新記事

すべて表示

トイレ掃除に使う洗剤について

今回はトイレ掃除に使用する洗剤についてお話しします。 皆さんはトイレ掃除と聞いてどのような洗剤をまず連想されるでしょうか? ほとんどの方は酸性の液体洗剤や粉状のクレンザーを思い浮かべるのではないでしょうか。 毎日のトイレ掃除に酸性洗剤やクレンザーは不要 実は毎日清掃することを前提としているトイレの日常清掃ではこれらの洗剤を使う必要はないのです。 酸性洗剤は便器などの陶器以外の長尺ビニールシートなど